こんな事もできる!会計ソフトで勤怠管理をしてみよう

給与の計算が簡単です

会計ソフトと勤怠計算を併用することで給与計算を簡単に行えます。人件費を考慮した損益計算書が簡単に仕上がりますよ。勤怠計算は休日出勤や残業や深夜手当などいろいろな割増金があります。これらのことを自己申告制で各個人に対応しては、計算に手間がかかります。システムにすると手当の基準を決めておくだけで簡単に計算してくれます。そこから、給与明細を作成したり、源泉徴収票を作成したりといろいろな帳票を作成してくれますので便利です。また、ネットワークが進んでいる会社であれば、データ化で閲覧することができますので、給与明細などの書類がぺーパーレスに貢献することができ、手軽に閲覧できるだけでなく地球環境にも優しいです。

仕様を丁寧に決めることが重要

会計ソフトの仕様は、企業によって使いやすいものでないとなりません。手当の種類や就業規則は働く会社によって様々ですので、すべての項目を網羅する必要があります。無料のフリーソフトから高額なソフトまで様々な商品が流通しています。また、顧客の要望に応じてオリジナルのソフトを制作してくれるサービスがあります。例えば、有給休暇を促進するためにアラートを発したり、就業規則がある社員に対しては勤務時間をシステムで制限したりなど様々なシーンに対応できるようにしてくれます。重要なことはウィルス対策やOSが変わったときにきちんとサポートしてくれるかといったアフターサービスにおいても充実させておくような契約を結ぶことです。